吹奏楽で全国金賞。団体競技で培った強みが、サービス開発でのマネジメントに生きている
見出し画像

吹奏楽で全国金賞。団体競技で培った強みが、サービス開発でのマネジメントに生きている

2013年にNo.1採用でソフトバンクに入社した崎原 涼子です。私の吹奏楽の経験や団体競技で培った強みが、法人営業やサービス開発の仕事でどのように発揮されているのかを、このnoteではお伝えしたいと思います。

<プロフィール>
小学校から楽器に触れ、中学・高校で吹奏楽部に所属。大学時代に社会人の楽団で全国金賞を受賞。2013年、No.1採用でソフトバンクに新卒入社。法人営業を経て、新規サービス開発に従事している。

全国大会の舞台で、一緒に喜ぶ。一緒に泣く。その感動を味わいたかった

画像1

中学生のころから吹奏楽部でトロンボーンを担当していた私が、『全国大会に出たい』と決意したのは、テレビのバラエティ番組を見たことがきっかけでした。

全国大会で活躍している高校の吹奏楽部が紹介されていたのですが、部員全員がキラキラと輝いていたのです。大会後に喜び合ったり、泣いたりする姿を見て、自分も同じような感動を味わいたいと思いました。

そこで、高校はレベルの高い吹奏楽部がある学校を選択。休みなく朝から晩まで練習漬けでした。進学校で勉強もおろそかにできないので、高校時代に遊んだ記憶はありません。『全国大会に行きたい。見たことがない世界を味わってみたい。皆で感動したい』そのような思いで頑張っていました。

ただ、目標とする結果は出せませんでした。地区大会→西関東大会→全国大会と進んでいくのですが、3年間で一度も全国大会には出場できませんでした。西関東大会では上位に入賞したものの、全国大会にはあと一歩及びませんでした。最後の大会では、皆で号泣しながら帰路についたのを覚えています。

何が足りないのか。どうすれば人の心を動かせるのか。考え抜いた日々

画像2

全国大会出場の夢を諦めたくなかったので、大学進学後に社会人の楽団に入団しました。全国大会への出場経験もある強豪の楽団です。

高校時代は周りを引っ張る立場でしたが、楽団ではレベルが高すぎて皆についていくことができませんでした。レギュラーに入るために、過去にやってきたことは一旦捨て、自分に向き合うことから始めました。何が足りないのか。どうしたら人の心を動かす音楽が奏でられるのか。その根本から考え抜きました。

そして、弱点を見出し、個別レッスンにも通って何とか克服。注意点を譜面にメモしていると、本番直前には真っ黒になっていました。また、同じパートの仲間と共同練習を何十回も重ねることもありました。練習で合わなければ、本番で合うことは絶対にありませんから。

そして、大学2年生と3年生のときに、2度にわたり全国大会で金賞を獲得しました。演奏会で見ることができた頂点の景色は、今でも忘れることができません。全員で一つの作品を作り上げ、大きな結果につながったのは、これ以上ないほどうれしかったです。

自分の全てを注いだ経験を誰かに伝えたくて、「No.1採用」にエントリー

画像3

就職活動中に、たまたま目に留まったのがソフトバンクでした。iPhoneを日本に普及させたり、新料金プランを次々と打ち出したりする姿を見て、この会社で働いたら飽きないだろうな、という印象を持っていました。

正直、No.1採用にエントリーする際『自分が受けて大丈夫かな、、、』というためらいはありました。団体競技で明確にリーダーとして引っ張ったわけでもないので。ただ、高校から大学までの7年間、自分の全てを注いだ経験を誰かに伝えたいという思いはありました。面接では人事の方が親身になって聞いてくれて、頑張ってきたことが報われた感じがしました。

法人営業2年目で、No.1の実績。吹奏楽で培ったスタンスが成果につながった

画像4

法人営業部門に所属していた入社2年目のことです。法人営業の仕事は、顧客企業に対して、モバイルデバイスや各種システムなどのソリューションを提案し、業務の課題を解決に導くこと。あるお客さまに対して、クラウドを活用した業務効率化ツールを提案したのですが、全社でNo.1の規模の導入を実現しました。

吹奏楽で培った「物事に粘り強く取り組む姿勢」が生きたのだと思います。売上の目標に対して、自分に足りていない課題を分析して地道な努力で埋めていく。また、周りからのアドバイスを積極的に受けて、アレンジして取り入れる。全国金賞を獲得した際と同じプロセスで取り組むことで、大きな成果を残すことができました。

団体競技で培った強みを、ソフトバンクでは存分に発揮できる

画像5

そして、2019年、ジョブポスティング制度を利用し自ら手を挙げて営業組織からRPA(Robotic Process Automation)のプロダクト主幹部門へと異動。RPAツールや関連する支援サービスのプロモーション、マーケティングを担当後、自らサービスを生み出す企画・開発の仕事に就いています。

新サービス開発においてもNo.1の経験が発揮できたと感じています。サービスの理想形と現状を比較して課題を分析するのは吹奏楽と同じです。課題解決のために具体的なタスクをどんどん潰していく。新規事業開発というと華やかなイメージを持たれがちですが、企画をする際も、サービスを形にしていく際も、地味な作業や難易度の高い交渉が多く、心が折れそうになることもあります。

ただ、乗り越えた先には、今までとは違う高みに登ることができる。それが分かっているので、前に進み続けることができます。
最後にきっと良いことがあると信じられること、そこまでの努力の大切さが身についていることが、私自身の強みでもあり、No.1の経験で得たことだと思いますね。

もう一つ。団体競技の中で培われたものが発揮できたとも感じています。新サービスも演奏会も、プロたちの誇りと能力が結集してできあがるものです。

企画部門、営業部門、技術部門、運用部門で連携して一つの機能を不具合なく形にしていくのは、一つの和音を細かく合わせるのと共通点が多い。

ソフトバンクでは、高い技術力を持つ社員たちとフラットに協業できるので、日々の開発が進めやすい。吹奏楽で金賞を獲れたときの環境に似ていると感じています。

「最新IT技術の宝庫」で、自分のやり方で世の中を前に進めていきたい

ソフトバンクは"最新IT技術の宝庫”のような会社で、世界中のAI/IoT技術やソフトウェアが集積しています。これらの資産を生かして、私なりのやり方で世の中を前に進めていきたい。手を挙げれば機会を得ることができる環境なので、今後の自分がどのように成長していくのか、非常に楽しみです。

また、先日、女性社員向けのキャリアセミナーに参加しました。子育てをしながら、課長、部長へとキャリアアップしている先輩社員の話を聞きました。女性が長く働ける会社であることも、この会社の魅力だと思いますね。

ソフトバンクの社員インタビューを中心に、「仕事」「働き方」「採用情報」に関する情報を提供するnoteです。私たちの「ありのまま」をお伝えすることで、学生の皆さんにとって、良い出会いになればと思います。