見出し画像

コンシューマ営業の使命は情報格差を無くし、新しい生活様式を浸透させること

はじめまして。ソフトバンク常務執行役員の本田 欣也と申します。
私はソフトバンクの連結売上高の半分以上を占める、コンシューマ事業を担当しています。
このnoteでは、コンシューマ事業が創り出す未来やコンシューマ営業のやりがい、組織風土についてお伝えできればと思います。

<プロフィール>
1991年4月ソフトバンクに新卒入社。ソフトウェアの流通事業に携わった後、コンシューマ事業部門に異動。
営業組織のマネジメントに従事し、Yahoo! BBの立ち上げやiPhoneの日本での発売などを推進してきた。
2018年6月に常務執行役員 兼 パートナー営業本部 本部長に就任。


サービスの提供、コンサルティングやマーケティング支援も行うコンシューマ営業

ソフトバンクのコンシューマ事業は、エンドユーザー向けにさまざまなサービスを提供する役割を担っています。

スマートフォン、タブレット、インターネット・モバイル通信だけではなく、PayPayやヤフー、LINEといったグループ会社のシナジーを生かしたサービスも展開中です。
また、ソフトバンクの連結売上高の半分以上を占める事業領域でもあります。

そのコンシューマ事業の中核を担うのが、コンシューマ営業です。
お客さまにはサービスを提供し、お客さまとの接点である代理店・量販店などの各店舗に対しては、経営コンサルティングやマーケティング支援を担います。

モノを売るのではなく、新しい生活様式を浸透させていく

画像2

私が組織のメンバーに常に伝えていることがあります。
それは「モノを売るのではなく、新しい生活様式の浸透を担ってほしい」ということ。

デバイスや通信サービスを提供するだけの時代は終わりました。
これからは、PayPayやLINEMOといったグループのシナジーを生かしたサービスや、5GやAI、IoTを活用した新サービスが続々とリリースされます。
これらをお客さまに届けることで、新しい生活様式をつくっていく。その「起点」としての働きが、今後のコンシューマ営業には求められるのです。

ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、スマートフォンを日本に最初に持ち込んだのはソフトバンクです。そのときはソフトバンクの全社員にiPhoneを配りました。
新しい技術に直接触れることで、お客さまにその良さを自分の言葉で説明してほしかったからです。感じた楽しさ、新しさ、ワクワク感はそのままエンドユーザーにも伝わり、日本中に伝播していく。そういう意味でも、この仕事のやりがいは大きいと思います。

「次のiPhone」を生み出すきっかけに、自分自身がなれるわけですから。

iPhoneの日本導入などで培われた「挑戦のカルチャー」が武器になる

私たちソフトバンクの強みは、より速く、より幅広く、新しいサービスを世に送り出せることにもあります。

例として、iPhoneやPayPayなどの商材が挙げられます。世界中の最先端のテックカンパニーと深く連携することで、その技術を日本に早く持ち込めるという点は明確な優位点です。ただ、それよりも大きな強みの源泉があると私は思っています。

それは、挑戦を奨励するカルチャーです。
挑戦といっても、小さなものではなく、世の中を変えるような大きな挑戦を指します。

iPhoneを日本で発売したときは、「こんなに大きな四角い機械で電話を掛ける人はいない」「日本独自のネット接続の規格が根付いている中で、この機械を使う人はいない」と多くの非難を受けました。

その後、見ての通り、生活がガラリと変わりました。
周りがなんと言おうとも、信じた未来があればそこに向かって突き進む。iPhoneだけではありません。米ヤフーの日本法人の立ち上げ、ブロードバンドの普及、Pepperをはじめとしたロボット事業の推進など、時代を変える数々のチャレンジを私たちは行ってきました。

そこで培われたカルチャーが脈々と根付いているのです。

「情報格差」を無くすのも、コンシューマ営業の使命

画像3

では、なぜ、挑戦を続けてこられたのか。

その根幹には、「情報革命で人々を幸せに」というソフトバンクの経営理念があるからです。
私たちのサービスを使ってくださる皆さんに、笑顔になっていただく。ひとりのユーザーが、1日に1回、毎日笑ってくれたら、とてつもない笑顔の数になる。

例えば、タブレット端末の普及により、子どもがおじいちゃんやおばあちゃんと遠隔でコミュニケーションができるようになりました。その子どもが仮に言葉を話せなくても、映像で通じ合うことで笑顔が生まれている。この幸せなひとときは、昔だったら生まれていません。

そして、一人ひとりのお客さまの幸せに向き合う一方で、企業としての社会的な責任も果たさなくてはならない。そう私は考えています。

通信やAIなどの技術進化が加速していく中で、「情報格差」が広がっていく可能性が指摘されています。
IT機器を使いこなせる人と苦手に感じる人で、触れられる情報に格差が生じて、それが社会的な分断を招いてしまう。
ですから、苦手に感じるお客さまには、とにかく一度触れてもらう。その良さを実感して、少しでも使っていただければ、生活は確実に変わります。

その最初のキッカケをつくるのが、まさにコンシューマ営業の役割でもあります。

多様でフラット。そして失敗を受け入れる風土

画像4

コンシューマ営業の仕事は、さまざまな強みを持つ人に担ってほしい。

ですから組織としては、「多様性」と「フラットさ」を大切にしています。

一人ひとりの強みを生かし、お互いに認め合い、異なる考えを取り入れる。役職に関係なく、議論を尽くせる環境を用意しておく。そうすることで、個人としても組織としても成長できるのです。

そして、もうひとつ大切にしているのが、「失敗を受け入れる風土」。
大きな挑戦に邁進する中では、どうしても上手くいかないことが出てきます。挑戦の中での失敗には、常に寛容でありたい。私自身も過去に多くの失敗を重ねてきましたが、それを受け入れてくれた土壌がありました。

そのようなカルチャーは、これからも大切にしていきたいと思っています。

新卒1年目の挑戦と失敗が、その後の人生に大きな影響を及ぼす

画像5

特に、新卒1年目の挑戦と失敗の経験は、その後の人生において非常に大きな意味を持ちます。

自分の中にひとつの「モノサシ」ができるからです。仕事の「当たり前の基準」がそこで決まる、と言っても過言ではありません。

ですから、仕事は徹底的に若手に任せます。
年間の売上が数億円規模の代理店や家電量販店を担当したり、各社の重役との商談をリードしてもらうこともあります。また、販売店のマネジメントを任せることもあります。

新卒社員と話すときには、「思い切りやってくれ。責任はぜんぶ持つから」と伝えています。 1年後の一人ひとりの成長が、私にとって何よりの楽しみなのです。

ソフトバンクの社員インタビューを中心に、「仕事」「働き方」「採用情報」に関する情報を提供するnoteです。私たちの「ありのまま」をお伝えすることで、学生の皆さんにとって、良い出会いになればと思います。